CONCEPT

想い

万が一が起こらなかったとき、あなたの保険契約はどんな役割を果たしますか?

万が一の時の遺族保障を多くの方が生命保険で準備しています。
生命保険の機能を考えればそれは当然のことですが、「万が一」は文字通り滅多に起こりません。

その滅多に起こらない「万が一」のために、どんな保険を使ってますか?
その契約は「万が一」が起こらなかったとき、どういう形で役に立ちますか?
そもそも、現在の保険に加入した目的を覚えてますか?
何事もなく無事だったから払った保険料は安心料で仕方ないと諦めますか?
もっと自分の希望に合った商品がないかと探していませんか?

我々は日夜、賢い保険活用を研究しています。
そんな我々は「万が一」が起こらなくても機能する方法を選びます。

例えば、生命保険でこんなことが実現できます。

オーナー経営者および医療法人理事長の方々で、

「現役経営者のまま1億円の退職金を受け取る」という選択をご覧ください。

これからの人生設計を考えている方々で、

「目標貯蓄額を保険会社に保障させる」という選択をご覧ください。

余裕資金の運用を検討している方々で、

「金融資産を活用し一生涯の医療保障を手に入れる」という選択をご覧ください。

行動指針

行動指針

超値期待、拭目以待

ご相談はこちらから(無料)